読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unit1. 基本の管理

1. SAPシステム構造の概要

2. アプリケーションサーバの歴史の概要

 

 

 

1. SAPシステム構造の概要

 

 

SAPシステムは、1つの物理データベースと、1つ以上のインスタンスから成る。

 

 

ABAPプログラム(ERP)・・・実際にユーザが使っているプログラム

ABAPプログラム(ASABAP)・・・Basis担当が使うインスタンスを管理するためのプログラム

 

 

※ インスタンスとは・・・

OS上のプロセスと共有メモリをまとめて管理する単位のこと。

また、プロセスの起動・停止及びパラメータ設定の単位でもある。

 

アプリケーションサーバ製品には3種類あり、

それに合ったものをインストールする必要がある。

ABAPシステム

 →ERPをインストールする

Javaシステム

 →EnterPrisePortalをインストールする

ABAP&Javaシステム(=デュアルスタック)

 →SolutionManagerをインストールする

 

・MS(MessageServer)とES(EnqueueServer)はシステムで1つしか置けない。

これら2つを含むインスタンスをASCSという。

 

MS・・・異なるインスタンス(Disp)へ処理を投げたい時、MSを介してやりとりする。 

 

・W/Pの種類